naoko

お知らせ

謹賀新年

ファミリーコンステレーションではクライアントの問題に対して、見方を変えることでその問題から解放される、つまり、過去の誰かの重荷を降ろすお手伝いはできますが、現実を生きているクライアントには、コンステレーションを受けたから終わりというのではなく、そこから自分自身の人生が始まると、捉えることが大切です。 なぜなら、自分が生きてきた時間の中で習慣となって染み着いているものの中には、そうたやすく手放せないものもあるからです。 コンステレーションを受けたあと、ありのままの自分として、どう生きていくか。ここからが、ある意味、本当のスタートになるでしょう。
ファミリーコンステレーション

漢字を書くのが怖いHちゃん

ファミリーコンステレーションで子供の問題でワークを受けるときは、親が代理で受けることができます。 小さな子供は頭でものを考えず、心に浮かんできた事をそのまま言葉にします。大人が「何を言ってるの?」思うことも子供にとっては真実です。大人が見ることができないものを見ているのでしょう。 ご両親がHちゃんの声をきちんと受け止めて、ファミリーコンステレーションにつなげてくださいました。ご両親にも感謝します。今は以前にそんなことがあったことも忘れている日々だそうです。 子供の学習障害などの困難な状況にファミリーコンステレーションが役に立つことがあるかもしれないということがわかり、感謝しています。
お知らせ

11月のお知らせ。

ファミリーコンステレーションでは、様々な困り事を取り扱います。 老若男女を問いません。もちろん、全てが解決され、良くなるわけではないかもしれません。しかし、自分の抱えている問題を目の前で見ることで、今まで苦しんでいたことを客観的に捉え、違う面から見ることで、そのことに執着していた気持ちを手放すことができるかもしれません。これは、ほかの心理療法ではなかなか出来ないことです。
お知らせ

いつもギリギリ。

ファミリーコンステレーションでは様々な問題を取り扱います。 ・仕事が続かない。・結婚生活がうまくいかない。・うつ病と診断された。・学習障害がある。などなど。 自分では色々と頑張ってるのに、なかなかうまくいかないことがありますが、その問題を解決するために、自分自身ではなく、家族(家系)を見てみると、そこに原因があることがたびたびあるのです。ファミリーコンステレーションでは代理人という、家族の代わりをしてくれる人を使って問題となっている事柄を紐解いていきます。自分の困り事を客観的に目で見ることで、より理解が深まるのです。 代理人として参加するだけでも、自分の問題に気が付いたり、癒しをもたらされたりすることがあります。
お知らせ

栗を探せ

・母親(父親)との関係が悪い。・子供が不登校(園)で困っている。・居場所がないと感じる。・いつも罪悪感がある。など、ファミリーコンステレーションでは様々な問題を取り扱います。代理人として参加するだけでも、色々な気づきがあり、知らないうちに自分自身が癒されたり、自分の問題に気が付いたりします。
お知らせ

ハマナスの実。

実は私たちは、自分の人生を生きているつもりでも、両親や祖父母、あるいはその前の時代に起こった出来事や、その時代に生きていた人の人生に影響されて、自分自身が生きにくくなっていることがあります。ファミリーコンステレーションで生きにくさの原因を探っていくことで、抱えていた問題から解放され、本当の自分を生きていくことができるようになるでしょう。
お知らせ

コケコッコ花

ファミリーコンステレーションでは、同じ困り事を繰り返していて、人生の中でパターンになっている。あるいは、なぜかわからないけど、小さな頃から持ち続けている、自分ではもて余している感情などを、その個人に働きかけるのではなく、家族の問題として見ていく、特別な手法を用いた、グループ療法です。いろんなセラピーを試してみたけれど、なかなか解決に至らない悩みをお持ちの方に、好評です。
お知らせ

銀座ライオン

代理人として参加することで、「自分の人生では知りえない、知らない人の人生の一端を感じることができる。」という、得難い体験ができます。今までに味わったことがないような感情や、実生活では経験することがない状況の自分を置くことで、自分自身の問題に対する気づきや癒しにつながることにもなり、代理人にとって素晴らしい贈り物になるでしょう。
お知らせ

5月のファミリーコンステレーションのワークショップ中止のお知らせ

毎月、最終日曜日に開催しておりましたワークショップですが、北海道、特に札幌市の緊急事態宣言を受け、5月は中止いたします。5月に入って、新型コロナウイルスの変異株の感染が増えたことや、GW明けの状況に不安があったので、ワークショップ開催のお...
お知らせ

4月のファミリーコンステレーションのワークショップのお知らせ。

ファミリーコンステレーションのワークショップでは、家族の問題だけではなく、仕事や職場の人間関係での悩みも扱います。「仕事が続かない。」「どこへ行っても、自分が責任を取らされる。」「上司とうまくいかない。」「仕事に几帳面すぎて、うっとうしがられる。」「セクハラを受けやすい。」などなど。そんな時は、自分と、上司、同僚など、家族以外の人の代理人を立てて、配置し、その関係を見ていきます。 自分が気づいていなかった方向から、自分や、ほかの人を見ることで、解決策が得られることも多いので、仕事のこと、職場の人間関係については、一人で悩んでいるより、ワークを受けることをお勧めします。そしてなぜか、職場での自分の立ち位置は、家族の中での自分の立ち位置とよく似ているのです。
タイトルとURLをコピーしました